読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間がないサラリーマンが読む漫画感想ブログ

夜な夜な読んで気になった漫画の感想を書いていきます♪

赤異本のあらすじと感想を書いていきます!

ホラー

赤異本のあらすじは?

 

こんにちは。

 

今日は外薗昌也原作、高港基資原画の「赤異本」を紹介します。

 

[http://:title]

 

 

この漫画は「黒異本」という漫画の姉妹版となりますが、非常に怖い内容となっています。

 

1話だけを紹介しますので続きを読む際には自己責任でお願いします。

 

 

坂本という男は友人の堀と二人でバイクでツーリングに出かけていました。

人気のない山中で途中休憩していると、一軒の家を発見します。

しかしなんだか異様な感じ。。。

 

その家はなぜが玄関の入り口に木が立っているのです。

しかし人がなんとか通って入れるようで、気になった堀は家の中に入ってみようと言います。

なぜが玄関扉が内開き。。。

 

追いかけるように坂本も家の中へ。

すると家の中は荒らされた様子もなく整然としていました。

人の入った形跡が全くないのです。

 

すると堀が坂本にいたずらしてきます。

家の中にあった鏡を急に出して驚かせてくるのです。

 

さらに堀と坂本が家から出るときに、堀が鏡を坂本のリュックの中に紛れ込ませます。

アパートに戻ったときに坂本が気づきました。

 

坂本は堀に怒り、明日返しに行こうと言います。

 

その夜坂本はなかなか寝付けずにいました。

すると背中の方で奇妙な気配がしたのです。

そして畳を這いつくばっている音が聞こえてきます。

 

ふと目が覚めると、なんと坂本の目の前に1人の女がいたのでした。

その女は左手と右足がなく、全身傷だらけ。。。

 

女はこう言います。

 

「返してええ。。返してえええ」

 

朝日の光で目覚める坂本。

夢かと思いましたが、とにかく鏡を昨日の家に帰すために再び向かいます。

 

しかし、家の前の玄関に立っているの木が昨日よりも大きくなっているのです!

家の中に入れない二人。。

仕方なく鏡だけを玄関から放り投げます。。

 

ホッとしたのもつかの間、堀が驚いた顔で上を見ています。

堀が見ている方向を見てみると。。。

 

無数の顔が木の枝から出ていたのです!!

 

 

 

赤異本の感想は?

f:id:satoshi-amemiya0610:20161126000102j:plain

 

 

部屋の中に何人もの人がいて、ろうそく一つで語り合う「赤異本」。

 

1話目のみ紹介しましたが、このような背筋がゾクゾクするような内容が続いていきます。

 

絵が上手くそれが怖さを助長しているのもありますが、内容も怖すぎで、次のページをめくるのをためらってしまうほどでした。。

 

実はこの「赤異本」に書かれている内容は実話であるそうで。。。

 

これを読んだ人は夜眠れなくなりそうです!!

 

「赤異本」はまんが王国で無料で試し読みできます!

⇨無料で試し読みするにはこちらから